読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の感想つらつらり

観た映画の感想、評価や気になる映画を適当に書いていきます。文章力がないのでサクッと。

ダーティハリー / Dirty Harry (1971)

アクション サスペンス 感想 映画 洋画

またしても、お前それいつの映画やねんってやつの感想書いていきます。

好きなんです。このころのクリントイーストウッドが好きなんです。

 

ダーティハリー(字幕版)
 

 

あらすじサンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

 

俳優、正直公開当初は自分生まれてないので、当時の背景とかクリントイーストウッドとかいえたものじゃないんですけど、クリントイーストウッドの代表作であろう本作。とにかく「漢(オトコ)」って感じを出すのがうまいうまい。自分の信念を深く持ち、気難しそうな男の役を演じさせたらピカイチです。

とにかく男性諸君は彼の演技とハリーキャラハンというキャラクターを一度は見ておいてほしいですね。

 

監督、に関してはなんとも・・・。過去作を調べてみたのだが、知ってるのが一つのなかった!まだまだだな~・・・と。

 

感想、とにかくいちいちセリフがかっこいい。

映画が始まり強盗達に生身の体と愛用の銃で突っ込んでいくハリー。強盗のマウントをとったハリーが強盗に対して、

「考えてるな。弾が残ってるかどうか。撃ちまくって俺にもわからん。 だがこれは特製の大型拳銃だ。脳ミソが吹っ飛ぶ。 それでも賭けてみるつもりか? どうだ。」

なんやそれ、かっこよすぎ。まあ訳はいろいろあるのですが、おおむねこんな感じ。

とにかくこのような、男臭い熱いセリフが劇中で飛び交います。

そしてこのハリーキャラハンが、とにかく銃をぶっ放すぶっ放す。殺す殺す。

彼仮にも警察です。

なんでそんな銃使ってるのかという問いに対して彼の返答は、なんと

「威力が高いから」

もう鼻から殺す気満々らしい。

そんなダーティーハリーですが、内容もなかなか重苦しい。

なにせ、犯罪者が一般市民を殺しまくるわけです。その描写は実に容赦がない。

それゆえに、見る側も犯人へのヘイトが溜まっていくわけです。

そこで最後にハリーの正義の一撃が決まるというのがシリーズ通しての流れ。

ダーティーハリーのダーティーはこんな汚れ仕事ばっかりやってるからダーティーらしい。

実はシリーズが5作?くらいあるんであれですけど、とりあえず男性諸君は1を見よう。他シリーズは後々書いていきます。2が一番好きです。

 

オススメ度

★☆

 

 

//なんか今まで堅苦しく書いてたけどふわーっと書いてみた