読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の感想つらつらり

観た映画の感想、評価や気になる映画を適当に書いていきます。文章力がないのでサクッと。

ラ・ラ・ランド / La La Land (2016)

アカデミー賞でとても持ち上げられてたので見てみたよ。

 

f:id:psychooo1249:20170322231243j:plain

 

「ラ・ラ・ランド」本予告

 

あらすじ何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。シネマトゥデイから引用)

 

監督、「デイミアン・チャゼル」 セッションとかの監督。

残念ながらセッション見てないので何とも言えない・・・。この人の映画はこの作品が初めてでした。まだまだ若くて、これからに期待できそう。

音楽と映画をしっかり融合させてくる映画が得意なのかな?

 

感想、なんというか数書きたいので、詳しい俳優とかの話もここらへんにまとめちゃいます。若干のネタバレを含みます。

エマ・ストーン→かわいい 

ライアン・ゴズリング→かっこいい

 

これは間違えない。

映画冒頭の渋滞でのダンスシーンでの一気に盛り上げる感じも素晴らしい。

セブとの出会いからのダンスも素晴らしい。

まさかのTake on meも素晴らしい。

お、これは神映画じゃないのか!?

そう思ったのですが、中盤から一気に糞みたいな展開になり下がった!!

 

とにかく昔のジャズが良い!みたいなことを言ってるが何が良いのかというところに、あんまり触れてない。

散々ジャズについて言ってるくせに、肝心の映画のBGM自体は実にポップ。

とにかく主演の二人の知能レベルが低すぎて見ててあきれる。

挙句結末も意味不明。

 

途中まで完璧だったのになぁ。。 

なんか終始やってることに一貫性がなくて、惜しい映画だった。

 

変に凝らないで素直な作品にしたほうがもっとたくさんの人に愛される作品になったんじゃなかろうかと思う。

ただ歌やダンス、俳優さんたちの演技に関しては圧倒されました。

 

オススメ度

ストーリーもうちょっと頑張って!!